アジアン&ブラックアライアンス

このインタラクティブページでは、歴史的に重要な黒人とアジアの相互関係を見つけることができます。各イベントは、持続可能な関係のための継続的な可能性を生み出すために互いに構築されています。

map of asia in the aesthetic of earthtone watercolors
618‑907
1868-1912
1899-1902
1955
1955-75
2020s‑?
a dark-skinned woman carries her young son and looks intently at the camera / This is a grainy black and white photo from the 1960s
写真: ジョン・ブラント。 サトゥーンの女性と子供、サトゥーン県、バン・ドアン村、タイ南部。 ブラント イメージ コレクション、キーン州立大学、メイソン図書館、オラン アスリ アーカイブより。

アジアの黒人

早くも唐王朝(618-907)には、アフリカからの黒人が社会階層の中で最も低い規模として中国に連れてこられました。ネグリトという用語は、この地域への進出の初期であった16世紀に黒人と出会ったスペインの船員によって最初に使われました。クンルン(ネグリトに相当)奴隷という用語は、昔の中国の詩にも登場しました。「オラン・アスリ、最初の人々」は、東南アジアやアジア太平洋のパプアニューギニア島にもいました。

アジアにおける西洋人種イデオロギー

明治時代(1868–1912)に、科学的人種差別は日本で浸透しました。その近代化プロセスには、人種階層の西洋の概念が組み込まれていました。

アジアのアフリカ系アメリカ人兵士

デビッド・フェイゲンのようなアフリカ系アメリカ人の兵士は、フィリピン人に言及する際に白人兵士がNワードを使用しているのを聞いた後、フィリピンの米国による占領に幻滅しました。地元のフィリピン人は圧倒的に占領に反対しました。

第三世界同盟

1955年、アフリカとアジアからの29の国の代表団がインドネシアのバンドンに集まったポストコロニアル時代の重要な会議です。それ以来、中国はアフリカとの近代的な関係を始めました。たとえば、中国で勉強するための奨学金が1960年代初頭に提供されました。1980年代には、アフリカからの学生は中国で言語を学び、北京語で学位を取得しました。 1988年に南京やその他の地域で起こったアフリカ人学生に対する暴動がこれらの交流を妨げたましたが、アフリカ人の数は中国で増え続けました。
画像:バンドン会議に出席する代表団の集合写真、1955年4月。

ベトナム戦争に疑問を呈した黒人兵士

two young Asian teenagers hold up a sign that reads 'Black Lives Matter' amidst a crowd gathered in protest
「South China Morning Post」によるビデオからの画像

継続的な連帯の醸成

2020年、アジアの複数の国でブラック・ライヴズ・マター運動を支援するための抗議行動。
map of United States in the aesthetic of earthtone watercolors
...
1868-
1890s
1909
1920-30s
1950-60s
1960-70s
1966
1967
1967-71
1968-69
1982
1986-1992
2010s

米国のタイムライン
は 1868 年に始まります  › ›

修正第14条とその影響 (1868-1897)

1868年: 黒人活動家は、米国で生まれた、または帰化したすべての個人を市民として認めるために、修正第14条を確立するために戦いました

1869年: アメリカの奴隷制度廃止論者フレデリック・ダグラスは、彼の「複合国家」演説で中国人排斥法を非難しました。

1897年: 米国最高裁判所は、修正第14条に基づいて、ウォン・キム・アークの訴訟を支持し、生得権の市民権を認めました(jus soli)

指導者からの相互影響

1890年代以来、アジア人と黒人の自由の闘士はお互いから学んできました。

モハンダスガンジーは、奴隷制度廃止論者とブッカーT.ワシントンから洞察を得ました。マーティンルーサーキングジュニア博士は、ガンジーの非暴力哲学に直接影響を受けました
これらの相互の影響は、哲学的、宗教的、科学的実践の面で継続してきました。

 

フィリピン系アメリカ人の公民権活動家

ルフィナ・クレメンテ・ジェンキンスやバッファロー・ソルジャー軍曹フランシス・ジェンキンスなどのフィリピン系アフリカ系アメリカ人の家族は、1909年にシアトルに定住した最初のフィリピン系アメリカ人家族です。彼らの子孫はアフリカ系アメリカ人の公民権活動家と一緒に戦いました。

ブラックプレスのアジア人ジャーナリスト

1920年代から1930年代にかけて、フチェシュワール・グルシダ・ムドガルの記者であり、 汎アフリカ主義者のマーカス・ガーベイによるデイリー・ニグロ・タイムズとニグロ・ワールドの編集長代理(ニューヨーク)。

リーダーシップの共同育成

1950年代以降、多くのアジア系アメリカ人は、黒人の公民権活動家と協力して、すべての人の自由のために戦ってきました。バークレー/オークランドの高知山百合、デトロイトのグレース・リー・ボッグス、1969年に多民族連合を目指してアジア平等連合を設立した黒宮清片桐峰雄牧師

 

アフリカ系アメリカ人のリーダーシップと公民権

公民権運動は、米国の移民を含むすべての人種の平等な権利を保護しました。それはさらなるアジアからの移民をもたらした 1965年の移民帰化法の道を開きました

アジア各国からの移民の数は、1970年代の730万人から2020年には1,410万人に増加し、1960年代から29倍に増加しました

平和のために働く指導者

1966年、キング博士とティク・ナット・ハンはシカゴで出会いました。二人の宗教指導者は、人間を物ではなく人として扱う社会を提唱するために人生を捧げました。
historical black and white image shows Dr. Martin Luther King seated at a table alongside Thích Nhất Hạnh.
キング博士とティク・ナット・ハン。 Credit: Thich Nhat Hanh Foundation (thichnhathanhfoundation.org)

ベトナム戦争に反対する黒人指導者

アフリカ系アメリカ人の兵士だけでなく、黒人の指導者たちは彼らのプラットフォームを使用してベトナムでの不当な戦争を反対しました。1967年、マーティンL.キング博士は「ベトナムを超えて」スピーチを行いました。 1969年、TIMEのアフリカ系アメリカ人ジャーナリストウォレステリーIIは、約400人の黒人兵士にインタビューし、半数以上が、米国の人種差別がベトナム、ラオス、カンボジアでの関与ではなく、彼らの戦いであるべきだと信じていたと報道しました。

政治的変革のための協力

日系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人は、強制収容所を設立する大統領の権限につながる可能性のある緊急拘禁法を廃止するために力を合わせました

多民族連合の構築

1968/1969年、20代前半の若者が率先してカリフォルニアで多民族連合を構築し、人種/民族的マイノリティが彼らの歴史と米国への貢献について学ぶことができる民族研究。

ジェシー・ジャクソン牧師と反アジア人憎悪

1982年、中国系アメリカ人のヴィンセントチンが残酷に殺害されました。この憎悪犯罪の加害者が罰せられなかったとき、ジェシージャクソン牧師はヴィンセントの母親であるリリーチンを訪問して支援を示しました。

Covid-19のパンデミックの間に反アジア人の憎悪が急速に増加したとき、ジェシージャクソン牧師はアジア系アメリカ人への支持を示し続けました

黒人とアジアの和解

1986年、黒人韓国同盟は20人のアフリカ系アメリカ人と韓国系アメリカ人で構成され、対話を通じてより良い関係を築くことを確任しました。

ロドニー・キングがひどく殴打された後、韓国人の店主であるスン・ジャドゥは、若い黒人女性であるラターシャ・ハーリンズが盗みをしたとし、射殺しました。デュの判決とロドニーキングを殴打した警察官が1992年に無罪放免となった後、黒人の生命への不当な扱いに対する怒りがロサンゼルスでの暴力的な紛争へと発展しました。

1992年、黒人韓国同盟は解散しました

連帯の更なる深化

ブラック・ライヴズ・マター運動と反アジアヘイト意識は、これら2つのコミュニティ間の連帯により多くの相互支援を生み出しました。

a Black man thinks pensively in the driver's seat while driving
ドキュメンタリー「アジアの憎しみに対して立ち上がる」の静止画

次のことも検討してみてください:

A Different Asian American Timeline

by ChangeLab
ウェブサイト

“The boundaries of Asian American identity, like the boundaries of Asia itself, are always in flux, and were constructed by dynamics of power that need to be studied: imperialism, racial domination, gender oppression, labor exploitation, war, and social movements.”